ライフティの返済方法は?

ライフティの返済の方法は、プロミスなどの大手消費者金融と変わりなく、「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」を採用しています。長ったらしい名前ですが、簡単にこの方法についておさらいします。

 

まず借入後残高スライドという部分ですが、これは返済期日の最低返済額が場合によって変動するということを意味しています。具体的にどう決まるかというと、最終借入れ後の残高によって決まります。ライフティの最低返済額設定は次のようになっています。

 

「100,000円以下は5,000円」

 

「100,000円を超え 200,000円以下は9,000円」

 

「200,000円を超え 300,000円以下は13,000円」

 

「300,000円を超え 400,000円以下は13,000円」

 

「400,000円を超え 500,000円以下は15,000円」

 

「500,000円を超え 600,000円以下は18,000円」

 

「600,000円を超え 700,000円以下は21,000円」

 

「700,000円を超え 800,000円以下は24,000円」

 

「800,000円を超え 900,000円以下は27,000円」

 

「900,000円を超え 1,000,000円以下は30,000円」

 

「1,000,000円を超え4,900,000円以下は10万円毎に1,000円ずつ加算」

 

「4,900,000円を超え 5,000,000円以下は70,000円」

 

最後に借入をした後の残高によって、このように最低返済額があらかじめ定められています。
自分に適用された利用限度額や現在の残高ではなく、あくまで借り入れた後の残高が基準なので注意しましょう。

 

元利定額リボルビングとは?

では仮にある人が現在150,000円の借入れをしているとします。

 

その場合上記の最低返済額シートによると最低返済額は9,000円になっています。ですから9,000円を最低でも支払う必要があります。ではこの9,000円はどう処理されるかというと、まず利息にあてられます。利息が500円なら、9,000円のうち500円がまず利息払いに消え、残った8,500円が元金の支払にあてられます。

 

一括返済もできますが、仮に新たな借入も臨時返済もしないとすると、毎回一定額の9,000円を支払っていくことになります。元利定額リボルビングとはこのように、基本的に元金と利息分を合わせた一定額の支払いを毎回行うことを意味しています。

 

そして繰り返しますがその一定額がまず利息、次に元金という形で支払われていくタイプの返済方式となります。
自分の返済額がどれくらいになるかは、ライフティの会員になってマイページにログインした後に確認できます。追加借入などによって最低返済額が変動することがあるので、それを下回ってしまわないように毎回ちゃんとチェックすることが大事です。

 

またマイページでは次回の返済日も確認できます。ライフティでは35日ごとのサイクルで返済期日がやってきますが、期日の前であればどのタイミングでも返済できるので、もし余裕があるのなら早めに返すようにすると利息支払いなどもカットできます。