ライフティにおまとめローンはある?

ライフティには2つのタイプのローンがあります。

 

フリーキャッシングと、おまとめローンの2つです。前者は特に他の業者からの借入れの有無に関係なく通常通りに借入れるカードローンです。一方後者のおまとめローンは、他社からの借入れ件数が複数あって、その返済の都合をつけるのが少し難しくなっている場合などに役立つローンです。

 

おまとめローンを利用すると、現在の借入先業者への借金を1本化することができ、返済管理が容易になります。
またライフティで1本化することによってもしより有利な金利が適用される場合は、支払い金額も少なくなるのでより顧客に有利になります。ではライフティのおまとめローンの内容を見てみましょう。

 

ライフティのおまとめローンの内容

基本的な貸付条件は、フリーキャッシングと大差ありません。年齢条件は20歳〜69歳までとなっています。
資金の用途は他社からの借り換え、つまり他社からの借入れの返済にあてることに限られるので注意しましょう。
融資額は300万円までです。もし他からの借入れがそれ以上ある時にはおまとめできません。

 

基本的におまとめローンというのは総量規制の対象外なので年収の3分の1制限がありません。
ですから年収が900万円なくても300万円までの借入れが理論上可能になっています。
金利は8.0%〜18.0%となっています。フリーキャッシングの場合は8.0%〜20.0%なので上限金利が2%低くなっていますが、フリーキャッシングで10万以上の利用限度額が設定されれば18.0%の上限金利なのでこの点はほぼ同じ条件といえます。

 

返済方法は口座引き落としになっていて(フリーローンだとATMか振込)、返済期日は毎月27日です(フリーは35日サイクル)。
各回の返済金額は借入後残高で決まるのではなく、あらかじめ決められた固定金額を支払っていくことになります。
こうしてみるとフリーキャッシングの時の返済条件よりも制限が多いことが分かります。ちなみに新規にライフティと契約を結ぶのではなく、すでにライフティから借入があって、他の業者からの借入れの分も全部ライフティ1本にしたいというのも可能です。

 

また他業者への元金の返済はライフティが行いますが、利息部分についてはユーザー自身が行わないといけないという点も覚えておきましょう。

 

 

ライフティでおまとめローンを申し込むために必要な書類

ライフティでおまとめローンを契約することにした場合は、書類を準備する必要があります。
フリーキャッシングと比べると1,2種類必要となる書類が増えるので注意です。
まず本人確認書類ですが、これは運転免許証やパスポートでも用意すればOKです。

 

次に収入証明書ですが、これは借入額によります。まとまった大きなお金を借入れるのがおまとめローンとしては一般的なので、準備しておくつもりでいると良いでしょう。これらに加えて他社借入書類も用意します。他社借入残高や利率、債権者商号などが記載された契約書なり取引明細書などを用意します。

 

ライフティのおまとめローンは貸金業者からの借入れに対して用いられます。銀行からの借入やクレジットカードでのショッピングの返済には当てられないので注意しましょう。

 

更新履歴